スマホ博士の日常

某携帯キャリアショップを転々とする傍ら、日常に起こるスマホの疑問に対して研究を続ける北国の自称スマホ博士によるつぶやきスペース。三度の飯よりスマホが大好き!

格安SIMの時代到来?

昨年は格安スマホという名前が

世に知れ渡った一年だったと思う。

 

SoftBank傘下のY!mobileの台頭、

昨年後半からメディア露出の増えたUQmobile、

店舗展開で他と差別化を図る

イオンモバイル、楽天バイル、

数々のMVNO事業者が出てきている。


f:id:kahruvandoll:20170108124203j:image

 

大手3台キャリアと何が違うのか、

というと『安さ』に他ならない。

 

データ契約のみの0.5~1GB程度だと

月々500円前後でスマホが使える。

スマホ本体も2万~3万と低価格。

 

もちろん、格安スマホにすることで

キャリアメールが無かったり

アフターサービスが大手より手薄だったり

やはり大手キャリアじゃないと、

という部分はあるので

全ての人が格安スマホを選ぶ訳ではない。

 

それなりのサービスや安心感を得たい人は

大手キャリアを利用するだろう。

 

どちらにしても

今年は格安スマホが更に市場を

賑やかす存在になってくるのではないかと思う。

 

まずは3月の新入学、新社会人シーズン

果たしてどんな賑わいを見せるか

楽しみなところではある。