読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホ博士の日常

某携帯キャリアショップを転々とする傍ら、日常に起こるスマホの疑問に対して研究を続ける北国の自称スマホ博士によるつぶやきスペース。三度の飯よりスマホが大好き!

Nexus5Xが10月下旬に日本でも発売

日本時間で9月30日朝
Googleの発表会にて次期Nexusとして
Nexus5XとNexus6Pが発表になった


f:id:kahruvandoll:20151001123022j:image


Nexusシリーズといえば
Googleの純正スマートフォンシリーズとして
グローバルに展開している製品だが
日本国内でも10月下旬に発売する事が
つい先日発表された


日本国内では
以前からYmobileが国内唯一の
取扱いキャリアとして対応しているが
今回、DOCOMOでも取扱うという事に
まず驚かされた


これによってYmobile独占ということには
ならなくなったけれど

じゃあどっちで購入した方がお得なの?
って話になってくる


自分の見解としては
今現在ある情報からの推測は
ランニングコストの面で
圧倒的にYmobileに軍配があがると思う

元々のサービスプラン的にも
Ymobileはデータ7GBのプランを
選択したところで月々5,980円だ

かたやDOCOMOはプランにもよるが
通話のプランとデータプランを
組み合わせると安く見積もっても
月々およそ8,000円くらいになる


なるべく安い方が良いという
ユーザーには一目瞭然だ


ただ今のところ明確になっていない部分として
今回のNexus5XはVoLTEに対応している

SoftBankエリア対応のYmobileで
実際に使えないという事はないと思うが
YmobileとしてはVoLTE対応モデルが
今回のNexus5Xが初となるので
対応させるのかどうか?
現段階ではわからない

そうするとエリアではDOCOMO
という構図になってくる可能性もある


どちらにしても
Nexus5Xはこれまで以上に
ハイスペックな機能を搭載して
発売される


前述のVoLTEもそうだが
CPUはSnapdragon 808
ヘキサコア1,8GHz

発表前に噂に上がっていた
Snapdragon 810ではない事に
安心した人もいるのではないだろうか

カメラもバージョンアップし
1230万画素、インカメラも500万画素ある

次期XPERIA等でも話題の4K動画撮影も対応
スロー撮影も出来る


充電端子は日本国内のスマートフォンでは
初となる、Micro USB Type-Cに対応
iPhoneのLightningケーブルと同様に
裏表の無い仕様だ


対応しているエリアバンド数も
格段に増えているので
格安SIMユーザーにも嬉しいのではないかと思う

ただし、DOCOMOから発売するNexus5Xに関しては
SIMロックがかかると発表されている

これに関しては何故そうする?
と正直疑いの色を隠せない

Nexus6 Y!mobile 64GB 白ロム ブルー

Nexus6 Y!mobile 64GB 白ロム ブルー