読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホ博士の日常

某携帯キャリアショップを転々とする傍ら、日常に起こるスマホの疑問に対して研究を続ける北国の自称スマホ博士によるつぶやきスペース。三度の飯よりスマホが大好き!

iPhone6はなにが変わったの?



今年も新型iPhone発売の話題で
一時的な盛り上がりをみせましたが
年々穏やかな感じになってきているような気がします

それでも、
東京都内のAppleStoreでは
発売日に色々とあったようですが…


とはいえ、Androidスマホが販売台数を伸ばしている昨今でも
未だにiPhoneユーザーのシェアが圧倒的に多く
こうした新型iPhone発売の時期には
買い替えを検討する方も多くなります


で、

行き着くところ、何が違うの?

ていうところでしょう

特にiPhoneに関しては
操作性、使い勝手にあまり大きな改変はなく
違いが解らないという方もいると思います


てことで、

まとめ!

難しい正式名称を多用するのは好きではないので
噛み砕いてまとめました



iPhone5SとiPhone6/6Plusの違い』

f:id:kahruvandoll:20140927163000j:plain


  1. 画面が大きく、本体が薄くなった
  2. 本体容量に128GB追加
  3. 動作が早くなった
  4. 電池持ちが良くなった
  5. 対応してる電波の種類が増えた

他にも細かいところで変わったところはありますが
一般の方で買い替えに参考にする程度であれば
この辺りかなと思います

何より、画面が大きくなったのは
iPhoneユーザーにとっては賛否両論ではないでしょうか?

こんなに大きいのはiPhoneじゃない!
という方もいるはず

自分個人としては
Androidスマホの大画面に魅力を感じていた部類なので
iPhoneでここまで大きくなってくれるのは賛成です

iPhone5Sで画面が4インチ

iPhone6で4.7インチ、iPhone6Plusで5.5インチなので
そこいらのAndroidスマホと変わらないサイズ

しかも本体が薄く出来ているので
そんなに重くなく持ちやすいのも好感触

今まで画面の小ささがネックで
Androidスマホにしていたという方には朗報ですね

そして、現行のiPhoneユーザーで
意外と多いのが64GBでは足りなかったというニーズ

今回きちんと対応しているAppleには
好感を持てます


あとは、docomoauSoftBank
どこでiPhoneを購入するかになると思いますが
ここは各社の新料金プランが明暗を分けると思います

料金プランについてはまた今度!