読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホ博士の日常

某携帯キャリアショップを転々とする傍ら、日常に起こるスマホの疑問に対して研究を続ける北国の自称スマホ博士によるつぶやきスペース。三度の飯よりスマホが大好き!

I LOVE SAMSUNG☆ミ

かれこれ数年前、


携帯電話の全盛期に登場した
スマートフォンという次世代のコミュニケーションツール


iPhone全盛の中で
対抗馬として上がってきたのは
BlackBerryでもWindowsphoneでもなく
Android』という、当日全く未知のモノ

そのAndroidを搭載したスマートフォン

auユーザーである自分にとっての
スマートフォンデビューは
レディー・ガガのCMが印象的な
SHARPの『IS03

YouTube見まくったなぁ(笑)


その時期からやたらピックアップされた
AndroidiPhoneという構図

当時、スマートフォンの魅力に魅せられて
色んな情報誌、インターネット情報を
かき集めて知ったのが

『GALAXY』という存在


DOCOMOから発売していたこともあり
正直、その時期にはなんてことはなく
世界的シェアでは結構すごいという
情報のみなので実感は無かったが

量販店で展示してある
『GALAXY S2』を触りビックリした!

最近は表現方法として定着した
サクサクぬるぬるってやつだ

動きが軽い!


なんだ!?

今まで使ってたのは
所詮日本のメーカーか!

やっぱ海外メーカーって進んでるのか?

そう思わされる軽快さだった


ほどなくしてauからも発売した
『GALAXY S2 ISW11SC』

当然、飛び付くように購入に至ったのだが
感動が手元に収まった感じと言えば良いのだろうか

DOCOMOから発売していたものとは違い大画面

そしてGALAXYではもはや定着した
有機ELディスプレイ

発色が他と比べても鮮やかで
暖色系が特にハッキリしているのが自分好みだ


ホームキーの長押しで
タスクキラーやメモリー管理が出来るのも
ヘビーユーザー必須の機能


もちろん!
今、使ってある愛機もSAMSUNG
『GALAXY note3』

ブログを作成するのにも
パソコン要らずの優秀さだ


そして、
GALAXYアンバサダープログラムにて
今回モニター体験させていただいているのが
『GALAXY S5』

流石ですねSAMSUNG

相変わらずの軽快な操作感


更に今回は
背面カバーにも
持ちやすさを考えて作られたこだわりが
f:id:kahruvandoll:20140803152639j:plain

指紋や傷の目立ちにくいマットな質感で
持ったときのグリップもなかなかの安定感

『GALAXY note3』とはコンセプトが違うので
比べるものではないのだが
軽くて持ちやすく、
システム容量(RAM)はnote3より少ないとはいえ充分だ


note3がデカすぎると感じる人には
ちょうど良いと思う

f:id:kahruvandoll:20140803153244j:plain

特に、
日本人仕様の防水、ワンセグおサイフケータイ

この三種の神器が揃ったのも
万人受けするところだと思う

もうひとつ加えるなら
割りと知られていない
シンプルホーム画面に切り替え出来る機能だろうか

GALAXYシリーズは
誰でもスマートに扱える

そんなSAMSUNGの代表機種といえる



VOYAGE_WiMAX

バディ・コンプレックス