スマホ博士の日常

某携帯キャリアショップを転々とする傍ら、日常に起こるスマホの疑問に対して研究を続ける北国の自称スマホ博士によるつぶやきスペース。三度の飯よりスマホが大好き!

電話かけ放題プラン

6月も中旬に差し掛かった頃

携帯電話会社の大手三社のうちのひとつ
auから、

電話かけ放題プラン提供の発表がありました


これによりdocomoSoftBankを含めた
三社全てで、通話の定額制プランが
利用出来るようになります

料金設定は
三社共に2,700円

f:id:kahruvandoll:20140708061503p:plain

通話に関しては横並び

今年3月末で一気に終息を迎えた
多額のキャッシュバックによる
お金に物を言わせた顧客獲得も
もはや過去のこと


なかなか厳しい時代になったのかなと
実感してしまいますね


ちなみにauユーザーである自分も
今回、電話をかける事が増えると思い
ショップに出向き、話を聞きに言ったのだが

先行キャンペーンというものが
7月1日から既に始まっており
電話かけ放題プランを
今月から使えるというので
早速申し込んだ

先行、というのだから
前倒しで早く申込み出来るだけなんでしょ?
と思っていたが
ひとつのメリットを発見した


本来、
8月13日に始まるこのプラン

愛称の『カケホとデジラ』という呼び名の通り
電話かけ放題プランと、データ通信プランが
セットになっている

データ通信プランとは
今まで5,700円でデータ通信が使い放題だった部分に
変わるところなのだけど
ここが使う人によって曲者だ

今までの通信定額制、
いわゆるLTEフラットは
月内のデータ通信量が7GBを越えると
通信速度規制がかかる

遅くなるだけと自分も当初侮っていたが
ネットは非常に遅く、アプリなんて
ダウンロード出来たものではない

この速度規制の部分が
新しいプランの場合、
2.3.5.8.10.13GBの6種類から選べるようになる

通信はあまりしないという人には
通信費を抑えるまたとないチャンスだが
そうでない人もいる

自分のように
毎月7GB超えてしまう人だ

この新しいプラン、

7GBという段階は用意されていない

あるのは5か、8GB

5GBなんて足りるわけはないので
8GBを選ぶことになるのだが
定額料金は6,800円

今より1,100円上がることになる

どうせ7GB超えてしまうんだから
良いんじゃないの?と言われればそれまでだが
家計的には今より料金を上げたくないというのが
切実なところとしては、これは痛い

ここまで来るとWi-Fiルーターも考えてしまうくらいだ
モバイルデータ通信サービス【イー・モバイル】


そこで、出てくるこの先行キャンペーンの意味

そう!今回先行しているのは
通話かけ放題プランのみ

どういうことになるかというと
こんな感じだ
f:id:kahruvandoll:20140708084244p:plain

既存のLTEフラットに
先行した通話かけ放題プランが組み合わせられるのだ

8月13日にはいやが上にも
通話かけ放題と新データ定額プランという組み合わせが
必須条件になってしまう今回、

使う人によってはこの先行キャンペーンを使った
裏技的な組み合わせを使うのも有りかと思う

ぜひ試してみようという人がいたら
先行キャンペーンが終わる前に
申込みする事をオススメします


VOYAGE WiMAX